bar3.png

 

No.1 変化斜紋 拡大.jpg

 

 

     ① 変化斜紋

     

     3本以上の糸で作られているので密度が濃くなり、

     柔軟性・伸縮性に優れ、皺がよれにくくになります。

 

 

 


 

No.2 昼夜斜紋 拡大.jpg

 

 

     ② 昼夜斜紋

     

     経糸と横糸で出来上がったパターンを表裏交互に

     配置することで表面に光沢ができ模様がくっきり表れます。

 

 

 


 

No.3 市松 拡大.jpg

 

     ③ 市松

     

     2パターンの正方形を交互に配置したチェック柄の模様で

     江戸時代から着物に使われる伝統の織柄です。

 

 

 


 

IMG_5972.JPG

 

      ④ 紗綾形

     

     卍の形を崩してつなぎ合わせた柄を指します。 

     古くは中国の高級織物によく使用されていた柄です。 

     西陣カーボンでは、この立体感がよく表れています。  

 

 


 

No.5 蜂巣織 拡大.jpg

 

     ⑤ 蜂巣織

     

     経糸と横糸を長く浮かせることで方形の枡形を作り、

     布綿を蜂巣のようにしたものです。

 

 

 

 


 

No.6 重ね斜紋.jpg 

     ⑥ かさね斜紋   

     

      2種の異なる斜紋を重ねた柄です。

      一方の斜紋線は連続させ、

      他方は連続しないように削り、

      短い斜紋線とし、織りあげます。

 

 

 

 

 


No.7 杉綾.jpg 

 

     ⑦ 杉綾

     

     杉の葉のようなV字形を連続して織り出した織り方です。

     別名をへリボーンといいます。

 

 

 


No.8 ななこ織.jpg

 

     ⑧ ななこ織

     

     経、緯とも2本、または3、4本引き揃えにして

     平織にした織り方です。

     経、緯糸に2本、または3本ずつ同じ本数を引き揃えて

     組織させます。

 

 

  


 

No.9 青海波 拡大.jpg 

     ⑨ 青海波

     

     半円を三重に重ね、波のように反復させた柄です。

     シンプルで上品な柄のため、

     日本中で古くから愛されています。

 

 

 


No.10 網代斜紋.jpg

 

     ⑩ 網代斜紋

     

     変化斜紋の一種。

     組斜紋、ひがきあやとも呼ばれています。

     反対方向の2個の斜紋を重ねて、

     組織点を削り網代型に組み合わせた織柄です。

  

  


 

No.11 変化うね織 拡大.jpg

 

 

     ⑪ 変化うね織

     

     
     織物面に横または縦に筋を出した平織地様のもので、

     うねを規則正しくあらわさず、

     種々に変化させたものです。

 

 

 


 

No.12 急斜紋.jpg

 

 

     ⑫ 急斜紋

     

     綾目の角度が急な紋様です。

     シンプルで織目が崩れにくいです。

 

 

 


 

No.13 朱子ぼかし 拡大.jpg

 

 

     ⑬ 変化斜紋

     

     朱子織は経糸・緯糸5本以上で作られ、

     ただ一つの交錯点を一定間隔に配置した組織です。

     その中でも特に組織の濃淡でぼかしを表したもので、

     柔軟性・伸縮性に優れています。

 

 


 

No.14 とび斜紋 拡大.jpg

 

 

     ⑭ とび斜紋


     斜紋の一種です。細かい絵柄が特徴的です。

     

 

 

 


 

No.15 4分の1市松.jpg

 

 

     ⑮ 4分の1市松

     

     通常ある市松柄の、4分の1サイズで織られています。

     

 

 

 


 

No.16 8分の1市松 拡大.jpg

 

 

     ⑯ 8分の1市松

     

     市松模様の8分の1サイズです。

 

 

 

 


 

No.17 山形斜紋 拡大.jpg

 

 

     ⑰ 山形斜紋

     

     織目の一つ一つが山の形のように見えることから、

     この名前がつけられました。